石鹸の選び方

身体用石鹸の選び方

身体用石鹸の選び方について、ご説明しましょう。
身体用石石鹸は、お風呂で体を洗うときに使う石鹸や、
洗顔や洗髪に使用するものもあります。

 

一般的に高い品質の石鹸は、石鹸成分が多いものと言われていますが、
使用する用途や目的によっても変わってきます。

 

身体用石鹸で注意したいことは、皮膚に直接触れる石鹸なので、
皮膚に対する刺激が少なく、有害でなく安全性が高いことが大切です。

 

お肌が弱い人には、赤ちゃん用の石鹸やシャンプーがオススメです。
抵抗力の弱い赤ちゃんには、刺激が少ないので、
子供や大人が使っても全然問題はありません。

 

香りを楽しみたいと人は、香料が含まれた石鹸を使ってもいいでしょう。
石鹸の質感は、原料である油脂の成分によっても変わります。
自分に合った石鹸を選びましょう。

台所用石鹸の選び方

台所用石鹸の選び方について、ご紹介しましょう。
台所用石鹸は、ほとんどが液体タイプのものです。

 

洗浄力に優れているのは、炭酸塩入りの粉石鹸や
ケイ酸塩が入った固形石鹸ですが、

 

洗浄力が高いということは、手の皮脂も洗浄されてしまい、
食器洗いの汚れ落ちがよくても、皮膚の健康面から考えると、あまりおすすめできません。
使用する際は、ゴム手袋を着用するなど、配慮が必要です。

 

台所用石鹸は、液体の界面活性剤が配合された合成洗剤の使用が
主流となっていますが、洗浄力が高い半面、環境的な問題もあります。

 

台所用石鹸で、石鹸成分が配合されているものは、安全性が高く、
環境面で安心ですが、食器を洗うときに、すべるような感触があって、
合成洗剤から台所石鹸に変えたときに、違和感を感じることがあります。

洗濯用石鹸の選び方

洗濯用石鹸の選び方について、ご紹介しましょう。
洗濯用石鹸には、炭酸塩などのアルカリ剤が配合されていますが、
これによって洗浄力が保持され、アルカリ性であること自体に洗浄力があります。

 

アルカリ剤には、さらなるメリットがあります。
環境に対する負担を軽減することが可能です。

 

油汚れがひどい衣服には、高温で使用すると汚れ落ちがいいパーム油や
牛脂を使った石鹸がオススメですが、ふだんはそれほど油汚れがひどいと
いうことでなければ、使用する必要はないと思います。

 

洗濯用石鹸には、使いやすくて汚れがきちんと落とせるものを選ぶといいでしょう。
合成洗剤には、蛍光増白剤が含まれているものが多いので、
購入する際は、表示をよく見て確認しておきましょう。