石鹸の原材料

石鹸の原材料

石鹸の原材料について、ご紹介していきたいと思います。
わたしたちがふだん何気なく使っている石鹸とは、
はたしてどんな成分でできているのか、
それはアルカリと油脂が反応して出来上がったものです。

 

石鹸は、今から約3,000〜5,000年も前に、
その製造方法が発見されたと言われています。

 

製造方法は、その頃から今まで基本はほぼ同じで、
動物の脂肪や植物の油成分にアルカリを加えると、石鹸になります。
その際に、グリセリンという保湿成分が出来上がります。

 

アルカリは、鹸化剤とも呼ばれています。油脂を石鹸に変える作用があります。
これに苛性ソーダを加えると、固形石鹸になります。
シャンプーなどの液体石鹸は、苛性カリを加えて作られます。

 

一般的に、油は植物性油脂、脂は動物性油脂をあらわします。
スキンケア製品で、動物性油脂を使ったものには、馬油 (バーユ) があります。
ハーブやオリーブなどの油は、植物性油脂になります。