合成洗剤

合成洗剤

合成洗剤という言葉をよく耳にすることと思いますが、
合成洗剤は、界面活性剤とも呼ばれています。
界面活性剤は、水と油を混ぜ合わせて汚れを落とします。

 

界面活性剤を作るための研究がはじめられたのは、19世紀頃と言われています。
アメリカでは、合成界面活性剤のABSが開発されて以来、
ABSが使用された合成洗剤が急速に普及してきました。

 

合成洗剤には、液体・固体・粉末のすべての種類に使われており、
洗濯用洗剤やシャンプー、台所用洗剤、シャンプーなど、
多種多様な用途で使われています。

 

合成洗剤が普及してきた半面、合成洗剤による環境汚染問題も深刻化しています。
合成洗剤の安全性が議論されており、エコ対策の一環として、
合成洗剤から石鹸を使うことが推奨されています。