石鹸の歴史を知る

石鹸の歴史を知る

石鹸の歴史について、ご紹介していきたいと思います。
石鹸の歴史は、今から約3,000年〜5,000年前に始まったとも言われています。

 

基本的に製造方法は、昔から今までとほぼ変わることなく、
基本的にアルカリと油脂が化学反応でできたものが石鹸です。

 

石鹸のルーツは、古代ローマの初期の時代と言われています。
その当時、動物を火であぶり、神にささげる儀式が行われていましたが、

 

動物の脂がしたたり落ちて、アルカリ性の木灰や雨、川の水が溶け合って
化学反応が起きたことから、石鹸が出来上がったと言われています。

 

石鹸は、18世紀頃に海水から石鹸の原料となる
水酸化ナトリウム (苛性ソーダ)を抽出する技術が生まれ、
その後石鹸が大量生産されるようになりました。