石鹸のQ&A集2

石鹸のQ&A集2

石鹸を手作りしてみたいと思いますが、廃油石鹸は体に害がありませんか?

石鹸を手作りするとは、とてもいい考えですね。市販の石鹸にはないオリジナルの石鹸をぜひ手作りして、その良さを実感してみて下さいね。

 

まずは、廃油石鹸を作る際の注意点について、ご説明したいと思います。廃油の原料となる油には、大豆油やベニバナ油、サラダ油など、固まりにくい性質があるので、固体石鹸を作るには適していません。廃油石鹸を作るなら、液体石鹸として使用したほうがいいでしょう。

 

食器洗い用に、または浴室やトイレ用の洗剤として使用するといいでしょう。酸化した油を顔や体につけた洗うことは避けたほうがいいでしょう。廃油を使用して石鹸を作るときには、苛性ソーダが必要です。薬局・薬店で購入できます。

石鹸とスキンケアの関係は?

わたしたち女性のお肌は、いくつになっても若くてみずみずしいお肌を保ちたい、女性なら誰でもきっとそう願うことでしょう。お肌トラブルには、華麗とともにシミ・しわ・吹き出物など、さまざまです。

 

お肌のトラブルの原因は、洗顔料や基礎化粧品が合わなくて、アレルギー反応を起こすことも考えられますが、食生活やストレスとの関係もあります。

 

洗顔剤が合わないのに、それに気付かずに毎日使うと、お肌トラブルの原因になります。お肌が弱い人は、無添加の石鹸を使うなど、工夫するといいでしょう。洗顔剤としてオススメな石鹸をひとつご紹介したいと思います。

 

はちみつ石鹸は、液体タイプでとても使いやすく、少量を手に取り、顔につけてすすぐだけで、お肌にツヤが出て、みずみずしいお肌になります。
スキンケアはまず洗顔から。ぜひ良質な石鹸でお肌本来のみずみずしさを取り戻しましょう。

固体石鹸と液体石鹸、どちらがいいんでしょうか?

固体石鹸 (固形石鹸) と液体石鹸、どちらが使いやすいかという観点から考えると、液体のほうが使いやすいかもしれません。固体石鹸は、お風呂で体を洗うときには使いますが、それ以外の用途で固体石鹸を使う機会は少ないと思います。

 

液体石鹸は、台所用洗剤、洗濯用洗剤など多種多様です。液状なので、そのまま水に溶けやすいので洗浄力もアップします。食器洗い用の固形石鹸もあります。

 

しかし、ほとんどの人が液状のものを使用していると思うので、食器洗いで固形石鹸を使用するのは、違和感があるかと思います。食器洗いに石鹸を使うと、つるつるすべるので、食器を落とす可能性もあります。もちろん、界面活性剤入りの合成洗剤を使用するよりは、環境衛生的には安全・安心です。

石鹸のQ&A集2関連ページ

石鹸のQ&A集1
石鹸のQ&A集3